快気祝い 後半

おっぱいが上から下へ何度も優しく往復すると、私はかなり興奮してしまいました。
女の子と対面になり私は激しいキスをするのです。
どれぐらいキスをしていたんでしょう、今考えると相当な時間をキスに費やしたと思うのですが、かなり時間が過ぎるのが早い印象でしたね。
お風呂から出て時計を見ると、もうすでに40分経過していました。
残り時間があと50分ほどしか無かったため、私はベッドルームまで彼女をエスコートしました。
彼女とベッドで横になり、少し雑談をしてみると、意外なことに出身地が同じでびっくりしました。
福島県内には変わりないのですが、実家がめちゃくちゃ近くでした。
同じ福島出身なので、もしかしたらどこかで会っているかもしれないね〜なんて話をしました。
そんな子がデリヘルで働いているなんんて、なかなか想像できないことですよね。

何かの縁かもしれないと思うと、勝手に親近感が湧いてきます。
そしてなぜか、愛おしくも思えるのです。
私は寝てる彼女にそっとキスをすると、彼女もまた答えるようにキスをしてきました。
首筋を舐めていき、耳まで達すると、彼女はかなり感じているようで体を震わせながらすけべなため息が漏れてきました。

次に乳首を舐めて見ると、捨てにコリコリと硬くなっており、指と指の間に挟んで強く挟んだり弱く挟んだりしているうちにイってしまいました。
イっている最中は体が硬直し、本当に気落ち良さそうにしているもんですから、私も第一陣を発射したくなり手コキをしてもらうことになったのです。
私は福島デリヘルにびっくりするぐらい行っていたていたため、ちょっとやそっとではイケない体になってしまいました。
今回のデリヘルもイケるかすごく不安だったのですが、そんな心配は無用でした。
自宅でしているせいもあってか、女の子の激しい手コキですぐに発射してしまったのです・・・。1週間ほどオナニーもしていませんでしたので、特農の黄色味がかった精子が勢いよく飛びました。
ちょっと恥ずかしくなった私に「大丈夫だよ」と優しく声をかけてきます。

私はなんだかすごく安心してしまい、寝そうになりましたが、女の子はもう一回やりたいとせがんできました。
私もせっかく自宅に呼んでいるのだから、もう一度射精して終えたかったので、そのままフェラチオをしてもらい股間が100%復活するのを待ち望みました。
彼女の巧みな舌使いで復活するのにはそれほど時間を要しませんでしたが、先程の快感が股間の先に残っており、ちょっと刺激されればまたイってしまいそうになる程敏感になっています。

そんな状態を察知したかのように、彼女は執拗に股間を弄ってくるわけですが、私もギリギリまで我慢しようと思い、快感を長い時間味わうのでした。
私は二人同時に行きたいと思ったため、69の体勢で感じ合うことにしました。
思いの外69が気持ちよくて、先に行きそうになってしまいましたが、同じ地元の縁もあり、ほぼ同時に天国への階段を登ったのです。

今回初めて自宅にデリヘル嬢を呼んだわけですが、かなり興奮してしまいました。
また呼んでみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です